寺子屋塾

自分自身に注意深くあること(「今日の名言・その3」)

お問い合わせはこちら

自分自身に注意深くあること(「今日の名言・その3」)

自分自身に注意深くあること(「今日の名言・その3」)

2022/01/13

 私たちは、自分を改善したり、変えたり、
 何かを取り除こうとしたりするのではなく、
 自分自身であって、自分自身で行うことに、
 より深く気づきながら
 人生を送ることができます。


 大切なのは、もっと探求心を持ち
 より好奇心を高めて、
 自分自身についてもっと注意深くあることです。

 

 ※ペマ・チョドロン

  (1936〜 :チベット仏教尼僧)のことば


自分を良くしよう、変えようとする人は

少なくないのですが、

良し悪しのモノサシは人によって異なります 。

 

結局、その良し悪し相対的なものに過ぎず、

絶対的な善悪があるというのは、

その人のおもい込みや勘違いというのが

少なくありません。

 

たとえば、「のんびりした性格」と言えば

長所のように聞こえ、

「のろまな性格」というと短所のように聞こえますが、

「スピードが遅い」ことを

違う言い方で表現しているだけで、

あまり大差はないのです。

 

つまり、見る人が善悪を決め、作り出しているので、

絶対的な善悪が事実として存在しているのではなく、

長所と短所は、実は裏表なので、

同じことを違う角度から見ているだけですから、

短所をなくそうとすると、

長所もなくなってしまいかねません。

 

大切なことは、「良くしよう」とするよりも、

「注意深く」あろうとすること・・・

つまり、よく「聞くこと」、

よく「見ること」であり、

そうした状態が持続することで、

自覚的な姿勢が自然な立ち振る舞いとなって

日常化していくようにおもうのです。

 

※画像は次のサイトから拝借しました
https://hashemshouse.org/pema-chodron/

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。