寺子屋塾

天才とはバカであることを自覚している人(つぶやき考現学 No.55)

お問い合わせはこちら

天才とはバカであることを自覚している人(つぶやき考現学 No.55)

天才とはバカであることを自覚している人(つぶやき考現学 No.55)

2022/04/13

物事の本質を見ようとしない人は、
自分の見ている世界だけがすべてだから、
見えているところだけを見て、
「わたしはすべてわかっている」と
錯覚している。
 
物事の本質を見ようとする人は、
自分に見えないものが無数にあると
わきまえているから、
見えていないところを見て、
「わたしは何もわかっていない」と
自覚している。
 
謙虚さと素直さとは、
言い換えると、「わたしはバカである」
という自覚のことであり、
これからの不確実性の高い時代を
生きのびていく上では何より大切だ。
 
よって、〝天才〟とは、
「わたしはバカなんだ」と
常に自覚している人のこと。
 
天才スティーブ・ジョブズも言ってました、
Stay hungry! Stay foolish!と。(2015.4.28)

※井上淳之典のつぶやき考現学 No.55

 

COMMENT:
人が成長するために「素直さ」は欠かせないものです。

 

でも、よくある勘違いなんですが、

素直さというものを
「ハイハイ」と人の話を何でも鵜呑みにして聞く
受動的な姿勢のことだとおもっている人が
案外少なくないようで。

 

素直さは、能動的な姿勢と日々の鍛錬によって
獲得できる〝能力〟であって、

けっして生まれついた性格や態度ではありません。

 

「ハイハイ」と人の話を鵜呑みにして聞くのは、
自分のアタマでモノが考えられない

単なるイエスマンであって、
「素直な人は騙されやすい」というのも、
大きな誤解です。

 

素直さは能力であって、態度ではありませんから、

残念ながら「素直になろう!」と決意するだけでは、

素直な人間にはなれません。

 

詞に書いたように、

物事の本質を見ようとする人は、
実は「自分が無知でバカな人間である」という
自覚を常に手放さないから、

目の前の人が、自分を騙そうとしているか否か

すぐに判断できるので、

人に騙されるということもなく、
結果的に物事の本質にたどり着いていけるのです。

 

そして、そういう姿勢さえ失わなければ、
だれもが「素直な人間」になれるのです。

 

なぜなら素直さとは、それを身につけさえすれば
だれもが発揮できる〝能力〟なのですから。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
月曜:今日の名言
火曜:生活デザイン、ヘルス関連
水曜:つぶやき考現学
木曜:未来デザイン、経営ゲーム、
   ファシリテーション関連
金曜:読書関連、本の紹介
土曜:教室1週間をふりかえって、らくだメソッド
   塾生のblog紹介など
日曜:古典研究(易経・仏典・論語など)

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。