寺子屋塾

オイゲン・ヘリゲルの言葉に触発されて(「今日の名言」その1)

お問い合わせはこちら

オイゲン・ヘリゲルの言葉に触発されて(「今日の名言」その1)

オイゲン・ヘリゲルの言葉に触発されて(「今日の名言」その1)

2021/11/05

 

 

 的を狙わずに自分自身を狙う。
 さすれば的はわたしと一体となる。

 

       ※オイゲン・ヘリゲル『日本の弓術』より

 

 

 

 

 

 

 

的に当てよう!と頑張れば頑張るほど、

的は自分から逃げていってしまい、

矢はなかなか的に当たらない。

 

だから、的と自分が一体化してしまえば、

的に当てようとしなくても

自然と当たってしまうという、

いわゆる弓術の極意について述べられた

有名な言葉です。


でも、この言葉の意味を解釈しようとすると、

ヘリゲルが言いたいことは

あまりよく分からないかもしれません。

 

結局〝言葉とは月をさす指〟にすぎないので、

指自体を見てても仕方がなく、

いったい何をさしているのか、

指のさす先を見る必要があるので。


たとえば、時間軸に着目していうと、

未来に目標を立てたり、

「〜しよう」と頑張ったりすることは、

現在と未来との間の乖離というか

溝をつくり出してしまいがちで、

いつまで経っても未来はやって来ず、

望みは実現しないわけで。

 

だから、必要なことは、現在という時間に対する

自分の認識を拡げてしまうことなんだと。


つまり、わたしたちは言葉で考えるため、

たとえば、時間についてであれば、

「過去」「現在」「未来」という風に分けてますが、

それはあくまで便宜上名前をつけただけというか、

人間の頭の中にある観念世界内のことで、

実際は、そんなふうに分かれていません。


よって、〝過去と未来の間に現在があるんじゃなく、

過去も未来も現在の中にある〟と、時間に対する

自己認識のほうを書き換えればいいわけですが、

そのことを頭で分かっても仕方がなく、

それを現実の生活の中で実践するかが大事なわけです。


寺子屋塾では、そうした時間に対する自己認識を

書き換える練習を、算数プリントを通じてやっている

と言ってもいいわけなんですが、

大脳優位に傾いている人は、

〝考えず、ただやる〟ってことが

なかなかできないんですね。


だから、いま目の前にあるプリントそのものを

なかなか大切にできなくて、

毎日やろうと目標を立てたり、

未来の方に意識を集中させ頑張ってしまったりするし、

大脳というのは放っておくとすぐアレコレ考え始めて

ブレーキをかけることしかできないから、

プリントはますます自分から遠のいていき、

どんどんやれなくなってしまう・・・


それで「1日1枚は目標ではなく前提」と言ったり、

「らくだメソッドのプリント学習は、

 目の前にある1枚のプリントを大切にして、

 〝自分ガ~〟〝わたしガ~〟という

 ガ(我)を抜く練習なんです」と言ったり、

こうして古今東西のいろんな人の名言を紹介したり、

手を変え品を変え、表現しているんですが、

前にも書いた通り、

〝言葉とは月をさす指〟にすぎないので、

言葉だけで伝えようとすることには、

どうしても限界があるんですね。


結局、わたし自身ができることは、

こうした生き方を、

実際に日々の生活の中で具現化し、

常に問い続けることでしかないから、

らくだのプリントだけでなく、

庭の写真をfacebookに投稿し

その日の天気や予定を書くことを日課としたり、

易経のサイコロを毎日振り続けたり、

論語499章を1日1章ずつ読んだり、

500円貯金をし続けたりしているというわけです。


つまり、らくだのプリントを1日1枚

欠かさずやり続けようとすることは、

すぐ大脳主導に傾いてしまいがちな姿勢を、

どこまで身体主導にできるかという鍛錬に

なリ得るのではないかと。

 

そして、そうした日々の些細な実践であっても、

それが今日という日を丁寧に生きようとする姿勢を

現実に形づくっていくだろうし、

長い人生も煎じつめて言えば、そうした1日1日の

積み重ねでしかないんじゃないかとおもうんですね。


そうした姿勢が、努力の結果としてではなく、

日常のアタリマエの立ち居振る舞いとなったとき、

身体とプリントが自然に一体化し、

「毎日プリントをやろう!」などと気張らなくても、

無理なく身体がスッと動いて、

結果的に毎日やれるようになってしまうんじゃないかと

おもうんですが・・。

 

・・・などと言いつつ、わたし自身もこんなにも

たくさん言葉を連ねてしまったということは、

大脳優位な状態にあるのかもしれませんね。(^^;)

 

今日は、ドイツの哲学者オイゲン・ヘリゲルの著書に

書かれていた言葉に触発されたコメントを

当塾の学習内容に絡めながら書いてみました。

 

このblogでは、こんなふうに

古今東西の先人たちが残した言葉や

現役で活躍されている方々の名言などを

紹介しながらコメントする記事を時折書き、

シリーズ化していくつもりですので、

これからもご愛読いただければ幸いです。<(_ _)>

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。