寺子屋塾

「我見」と「離見」の違い

お問い合わせはこちら

「我見」と「離見」の違い

「我見」と「離見」の違い

2021/11/09

わたしたち人間は、

自分の心がザワザワっと揺れ動いたときに、

そのことを自覚することができますよね?

 

でも、そもそもそうやって、

心が揺れ動いていると分かるのはなぜなのか、

その理由について、

きちんと考えようとしたことがある人は、

あまりいないかもしれません。


ある人が、「人間の本体」「心」「思考」の関係を、

「海」と「舟」と「舟に乗った人の行為」にたとえて、

「思考が不安定になるのは、心が不安定だからです。

心が不安定になるのは、海が自分の本体であるのに、

心が自分自身だとおもい込んでいるからなんです」

と書かれていた記事を読み、

ナルホドとおもったことがありました。


つまり、2ヶ月程前にこのblogに書いた

あるがままに生きるという記事でも触れたんですが、

「変わるもの」と「変わらないもの」が

〝対〟として存在しているという見方ができると、

「揺れ動かないもの」が

別のところに存在しているからこそ、

「揺れ動くもの」を自覚できるとわかるわけだし、

それこそが、自分を含む世界の側から

自分を見ること(=離見の見)

ではないかとおもうのです。

 

でも、日々雑事に追われていると、

自分自身の小さな世界だけに執着して

このように広い視野から物事を捉えるということは

できなくなってしまいがちだし、

揺れ動いているこころが

自分自身の本体だ(=我見の見)と

勘違いしてしまうのでしょう。

 

ただ、こういう話は、実体験がないと

理解することが難しい話なので、

ここまで読んでもあまりピンと来てない方は、

こちらの小出遥子さんのblog記事などを読まれて、

「自分」はなにかを「見ている」側じゃなくて、

「自分」はいつだって「見られている」側だ。

という言葉や、

マイスター・エックハルトや金子みすゞが

何を言わんとしているのか考えてみてください。


ところで最近、教室でも

この「離見の見」の話をよくしていますが、

それは、らくだメソッドの学習が、

セルフモニタリングの要素を含んでいて、

継続的で丁寧な自己観察に基づいて

個別課題を発見する姿勢を大切にしているためです。

 

たとえば、昨日のblogで書いたストップウォッチの話でも、

寺子屋塾では、一般の使い方とは

微妙に違う使い方をしているってことで、

今日の記事で書きたいことと繋げて

それがどのように違うかというなら、

「我見の見」から「離見の見」へシフトするツール

位置づけたような使い方、と言えるわけなんですが。

 

結局、人生のテーマというのは一人ひとり異なり、

たとえば、お金持ちの人にはお金持ちなりの、

貧乏な人には貧乏な人なりの、個別の自己課題があり、

そうした自己課題は、人と自分を比較しているうちは

けっして見えてこないし、

お金持ちになることばかりが

万人にとっての幸せを約束しているとは言えません。

 

とは言うものの、

〝我見〟と〝離見〟の違いを体感し修得することは、

能の世界においても〝極意〟に属することです。

 

わたし自身も30年以上教育の仕事に関わって

ようやくそのことの大切さが、

実感をもってわかってきたことで、

ちょっと人の話を聞いたり、本を読んだり

こうした記事を読んだりするだけで

すぐに具現化できるようなことだとは

もちろんおもっていません。
 
こんなことを書いているわたし自身も本当に

そうした生き方を実践できているのかと問われれば、

甚だ心許ないところがありますし。

 

でもだからこそ、

こうしたチャレンジを、非日常的な空間ではなく、

わたし自身をも含め、各自が日常生活の中で、

繰り返し繰り返し試行錯誤しながら

ともに学び実践できる場を

創出しようとしていることには、

価値があるんじゃないかと考えているんですが、

いかがでしょうか。

 

※画像は葛飾北斎『千絵の海』より「総州利根川」

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。