寺子屋塾

福沢諭吉「学問の本趣意は、読書に非ず」(「今日の名言・その16」)

お問い合わせはこちら

福沢諭吉「学問の本趣意は、読書に非ず」(「今日の名言・その16」)

福沢諭吉「学問の本趣意は、読書に非ず」(「今日の名言・その16」)

2022/05/13

 学問の本趣意は、読書に非ず、
 精神の働きに在り。


福沢諭吉『学問のすゝめ』より

 

今日は金曜なので、

読書関連の話題を投稿する日なんですが、

月曜に書いている「今日の名言」のスタイルを借りて、

福沢諭吉が読書について書いた言葉を

ご紹介しようかと。

 

『学問のすゝめ』にあるこの諭吉の言葉は、

とても短く、あまりに端的に過ぎるため、

その意味を正確に掴みかねるかもしれません。

 

ようするに、本を読むことは

あくまで学問のひとつの手段にすぎなくて、

「学問=読書」ではないというのはもちろん、

読むことで完結するわけではないということが

何よりも言いたいのでしょう。

 

わたしが最近痛感していることのひとつに、

何のために学んでいるか、

その動機がとても大切だということがあります。

 

問うて学び、そして学んで問う・・・

つまり、最初に、

自分の中にどんな〝問い〟があるかが

とても大切なんだと。

 

たとえば、モチベーションの高さ、低さということは

よく問題にされるのですが、

本を読むことに対する

モチベーションがどんなに高くても

何のために学んでいるか、

その動機が恐怖心から出発している場合には、

どんなに本を沢山読んでも、

その恐怖心は埋まらないのはもちろん、

むしろ、その恐怖心そのものが

助長されてしまいかねないため、

モチベーションが高いからといって、

それが必ずしも手放しで喜べることでは

ないようにおもえるのです。

 

社会の落ちこぼれになってしまわないために

本を読もうとしているのか、それとも

楽しく充実した人生を送るために

本を読もうとしているのか、ということです。

 

とくに、日本の学校教育の場合、

どれだけ沢山の知識を正確に記憶しているかが

問われることが少なくなく、

何のために読書をするのかということは、

ほとんど問われることはありません。

 

また、知識を得るために教科書や本を読んでも、

得た知識をもとに

自分の問い自体を熟成させていくことや、

自分の頭で考察し、体系づけてみる

というプロセスが

すっかり抜け落ちてしまうということが

起きてしまいがちだということもいえるでしょう。

 

つまり、本に書いてあることというのは、

すでに誰かが考えたことであって、

あくまで、自分とは異なる

他者の言葉にすぎませんから。

 

諭吉は〝実学〟の人であったということも言われます。

 

教科書に書いてある知識は、死んだものですが、

目の前にある現実世界は、生きて動いていて、

教科書通りに展開するなんてコトは

まず起こりませんから、

書いてあることをただ頭の中に入れるだけでは

使い物になりません。

 

つまり学問とは、

どんなに沢山のことを学んでいたとしても、

それだけでは意味をなさず、

その人の生活や仕事において、

実際に役立てられているかどうかが大事なんだと。

 

本をどんなにたくさん読んでいても、

もし、それを自分の頭に

単にストックするだけにとどまっているなら、

物知りではあるかもしれませんが、

それを学問とは言えないし、

読書しただけに終わってしまうわけです。

 

まして、その他者の言葉をそのまま鵜呑みにしたり、

自分の辞書で解釈したりしたところで、

筆者が言いたいことを

正確に理解したことにはなりませんから。

 

 

さて、あなたは、

あなたの中にどんな〝問い〟がありますか?

 

その問いのために、

そして、その問いを深め、生かすために、

読書で得られたことをもとに自分で考察し、

実際の生活のなかで活用していますか?

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
月曜:今日の名言
火曜:生活デザイン、ヘルス関連
水曜:つぶやき考現学
木曜:未来デザイン、経営ゲーム、
   ファシリテーション関連
金曜:読書関連、本の紹介
土曜:教室1週間をふりかえって、らくだメソッド
   塾生のblog紹介など
日曜:古典研究(易経・仏典・論語など)

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。