寺子屋塾

2022年のふりかえり「年間読書ベスト24」(その3)

お問い合わせはこちら

2022年のふりかえり「年間読書ベスト24」(その3)

2022年のふりかえり「年間読書ベスト24」(その3)

2023/01/03

昨日の記事の続きです。

 

昨日書いた①〜⑥までの6冊については、

一応順位をつけたんですが、

どの本も優れモノで、ほとんど差は無いと

受け止めていただければ有難いです。

 

それで、今日は昨日の続きなので、

順当にいけば⑦〜⑫6冊の紹介となるのでしょうが、

今日はそれを外し、⑬から書き始めてみようかと。

 

U.ルッツ編(大島かおり木田元共訳)『アーレント=ハイデガー往復書簡』

ハイデガーについては

5/2に書いたこちらの記事で名言を紹介しています。

ただ、著作を読んだことはなかったので、

昨年は、読書会つんどくらぶのお題本に

100分de名著テキスト『存在と時間』を選び

3回集まりをもったんですが、

それをきっかけに、ハイデガーの哲学に

つよい関心を寄せるようになりました。

そうしたなかで、

なぜ、『存在と時間』が哲学界を震撼させ、

以後の哲学の方向性に大きな影響を

与えるような1冊となり得たのかという

問いが浮かび上がってきたんですが、

その理由のひとつに

アーレントとの出会いとつながりがあったことは

ほぼ間違いがないようにおもいます。

もちろんそれはゴシップ的興味からではなく、

12/7に書いたこちらの記事でも触れた

「情報とは、一つのシステムと別のシステムの

落差から生まれるもの」という考え方や

吉本さんの「対幻想」という見方から

導き出されてきたことなんですが、

これ以上詳しくここには書けないので、

関心のある方は、

今年1/29に書いたこちらの記事

松岡正剛さんの千夜千冊

第916夜『存在と時間』などをお読みになって

考えてみて下さい。

 

 

いがらしみきお『ぼのぼの人生相談 ひととくらべちゃだめなのさ』

主人公ぼのぼのくんやしまりすくん、

あらいぐまくんなどのキャラクターたちが、

読者から届いた人生相談に答える趣向の

漫画スピンオフ企画。

漫画作品「ぼのぼの」のディスコミュニケーション的

不条理ギャグや哲学的な笑いがベースにあるので、

答えているようで答えていない、

答えていないようで答えている感じが面白く、

テキストで書かれた「もうひとつのお答え」との

バランス感が絶妙。

こちらの記事などネットでも内容を

一部分読むことができます。

 

 

福澤諭吉(齋藤孝・訳)『現代語訳 文明論之概略』

この本については、8/26に投稿したこちらの記事

出会った経緯や概要、内容など詳しく書きました。

福澤諭吉については、

「学問の本趣意は、読書に非ず」という名言を

5/13に書いたこちらの記事で紹介しましたが、

この本との出会い直しがきっかけになって、

今年は『学問のススメ』を読み直したり、

『福翁自伝』を入手したりしてして

改めて関心をもつように。

その辺も9/25にこちらの記事に詳しく書いたので、

未読の方はぜひご覧ください。

 

 

島宗理『インストラクショナルデザイン 教師のためのルールブック』

本書は、著者の研究テーマである

行動分析学によって得られた知見を

教育分野に活かした労作です。

学び手の行動変容を引き起こすような教育活動を

具体的に実践していこうとすれば、

インストラクションに対する明確なデザインが

必要だという著者の考え方は

わたしにとって全面的に共感できるもので、

教育に関わるすべての人に読んで欲しい1冊。

島宗さんの著書については、

10/6に書いたこちらの記事で「行動分析学」を

紹介したんですが、この本もそのうち

このblogで詳しく紹介したいと考えています。

 

 

大友良英・稲葉俊郎『見えないものに、耳をすます 音楽と医療の対話』

2017年3月11日にNHKで放映された

Switch Interview 達人達の内容を膨らませて

書籍化したのが本書。

ノイズや即興音楽のミュージシャン大友さんと、

循環器がご専門で当時東大病院にお勤めだった

医師稲葉さんという異なる分野の出会いが

創造的な対話のモトであることが

よくわかります。

ちなみに、稲葉俊郎さんの著書については、

学びのきほんシリーズを7/12に書いたちらの記事

ご紹介しました。こちらもオススメ本です。

 

 

ブレイディみかこ『他者の靴を履く アナーキック・エンパシーのすすめ』

ブレイディみかこさんについては、

10/3に書いたこちらの記事で名言をご紹介しました。

記事を書いたときにはまだこの本を

手に入れていなかったんですが、

本書のお陰でエンパシーという考え方をさらに

多面的に捉え、深められるように

なったように感じています。

 

※続きは明日の記事で

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

寺子屋塾に関連するイベント案内

1/8(日)【初心者向け】Notion使い方講座(オフライン)

1/9(月・祝) 易経初級講座 第8回

1/15(日) 経営ゲーム塾C

1/22(日)『世界は贈与で満ちている』読書会 第6回

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ブログのテーマ

月曜:今日の名言

火曜:生活デザイン、ヘルス関連

水曜:つぶやき考現学

木曜:未来デザイン、経営ゲーム、

   ファシリテーション関連

金曜:読書関連、本の紹介

土曜:教室1週間をふりかえって、らくだメソッド

   塾生のblog紹介など

日曜:古典研究(易経・仏典・論語など)

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。